職場意識改善助成金(勤務間インターバル導入コース 等) | 大阪・京都 助成金相談センター

以下は、当サイトでよくご覧頂いているページへのリンクです。

当センターが選ばれる理由 お客様の声
助成金無料診断 助成金申請サポート料金 事務所案内

職場意識改善助成金(勤務間インターバル導入コース 等)


助成金の概要
1.勤務間インターバル導入コース
労働時間等の設定の改善を図り、過重労働の防止及び長時間労働の抑制に向け、
9時間以上の勤務間インターバルの導入に取り組んだ際に、就業規則の作成費用等その実施に要した費用の一部、
最大50万円が助成されます。
※勤務間インターバルとは、休息時間数を問わず、就業規則等において「終業から次の始業までの休息時間を確保することを定めているものを言います。

支給額
事業の実施(例えば就業規則の作成等)に要した経費の合計額に補助率(3/4)を乗じた額を助成します(ただし次の表の上限額を超える場合は、上限額とします)。

休憩時間 「新規導入」に該当する取組がある場合 「新規導入」に該当する取組がなく、「適用範囲の拡大」又は「時間延長」に該当する取組がある場合
9時間以上11時間未満 40万円 20万円
11時間以上 50万円 25万円

主な受給要件
  1. 労働者災害補償保険の適用事業主であること
  2. 中小企業の事業主であること
  3. 事業実施承認を受け、その後に、就業規則や労使協定作成・外部専門家によるコンサルティング等、対象となる一定の取組をしていること
  4. 一定の成果目標の達成を目的として、事業実施承認の日から平成30年2月15日までに(3)の取組を実施していること
2.その他のコースについて
(1)職場環境改善コース
概要・・・所定外労働時間の削減や年次有給休暇の取得促進を図る中小企業事業主に対して、その実施に要した費用の一部を助成する制度。

(2)所定労働時間短縮コース
概要・・・所定労働時間の短縮を図る中小企業事業主に対して、その実施に要した費用の一部を助成する制度。

(3)時間外労働上限設定コース
概要・・・時間外労働の上限設定に取り組む中小企業事業主に対して、その実施に要した費用の一部を助成する制度。

(4)テレワークコース
概要・・・在宅又はサテライトオフィスにおいて就業するテレワークに取り組む中小企業事業主に対して、その実施に要した費用の一部を助成する制度

各コースともに、それぞれの一定の目標達成のため、就規則作成等、一定の取組を実施した場合に、助成されます。

 

目的別の助成金はこちらをどうぞ

職場定着支援助成金(雇用管理制度助成コース) 人事評価改善等助成金 人材開発支援助成金(職業能力検定制度導入コース) キャリアアップ助成金(賃金規定等共通化コース) キャリアアップ助成金(諸手当制度共通化コース) キャリアアップ助成金(正社員化コース) キャリアアップ助成金(健康診断制度コース) 人材開発支援助成金(キャリア形成支援制度導入コース) 人材開発支援助成金(訓練コース) 職場意識改善助成金(勤務間インターバル導入コース)


助成金の申請に関してはこちら

 
強み.png
 
木曜日.png

社労士に依頼するメリットと当センターの強み  
助成金無料診断 助成金申請サポート料金 事務所案内

大阪の高槻市にある社会保険労務士事務所です。大阪・京都で助成金の相談なら大阪助成金相談センターへ
大阪・京都 社会保険労務士 インプルーブ社会保険労務士事務所
〒569-0805 大阪府高槻市上田辺町3-11 ヴァン・ベール大川201
Copyright © 2010 大阪助成金相談センター All Rights Reserved.